FC2ブログ
「語録の王」と言われる「臨済録」から、
臨済慧照禅師の説法です。
本来の禅宗は、ただ坐禅を組むだけではありませんでした。
臨済は、霊的覚醒を得ていたと思われます。




諸君、三界(この世)は安きことなく、火事になった家のようなところだ。
ここは君たちが久しく留まるところではない。死という殺人鬼は、
一刻の絶え間もなく貴賎老少を選ばず、その生命を奪いつつあるのだ。
君たちが祖仏と同じでありたいならば、決して外に向けて求めてはならぬ。
君たちの本来の心に具わった清浄の光が、君たち自身の法身仏なのだ。
君たちの本来の心に具わった、思慮分別を超えた光が、君たち自身の報身仏なのだ。
また、君達の本来の心に具わった差別の世界を超えた光が、君たち自身の化身仏なのだ。
この三種の仏身とは、今わたしの面前で説法を聞いている君たちそのものなのだ。
外に探し求めないからこそ、このようなすばらしいはたらきを具えているわけだ。
しかし、この三種の仏身もまた、仮の衣である。
諸君、君たちは、その光影を放つ本体である仏性を識取しなければならない。
これこそが、諸仏の本源にして、あらゆる修行者の終着点なのだ。
君たちの四大元素からなる、生身の肉体が説法や聴聞をするわけではない。
君たちの五臓六腑が説法聴聞するわけではない。虚空が説法聴聞するわけでもない。
では、一体何が、説法や聴聞をするのであろうか。
今わたしの面前にはっきりと存在し、肉身の姿形なき独自の輝きを発している、
君たちそのものの金剛(ダイヤモンド)心が、説法や聴聞をしているのだ。
こう悟ったならば、君たちは祖仏と同じ境地であって、
いつでもとぎれることなく、見るものすべての本質が理解できる。
想念が起こると智慧は遠ざかり、思念が移り変われば本体が様変わりしてしまうので、
迷いの世界に生まれ変わって、また様々な苦しみを受けることになるのである。
しかし、この極まりなく深遠な見地に立ったならば、解脱にいたることができる。


「臨済録」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/208-b7b91e91