FC2ブログ
2008.03.25 弁栄上人
仏教界は明治以降、傑出した僧侶を輩出していないといわれます。
これは、僧侶自身が、知性的合理的なものを求め、
法力や霊能力、神秘主義を否定する方向に流れたためだと思われます。

しかし、そんな中でも、山崎弁栄というお坊さんは、別格です。
弁栄上人は浄土宗のお坊さんで、「光明会」という在家仏教を組織しました。
その活動のなかでは、加持祈祷を行ったり、病気を治したり、
数々の奇跡を起こして、庶民を仏教にひきいれられたようです。
また弁栄上人は米粒に細かい字でお経を書いたものを信者に与えました。
それを信者はお守りとして、米粒名号として大切にしたといいます。
弁栄上人の弟子になった人には、画家の横山大観氏、東京大学教授の笹本上人氏、
数学者の岡潔氏などがいます。

弁栄上人は、晩年には、
「宗教家は奇跡を現わさなくてはつまりません」
と述べながらも、

「予言ができるとか、病気がなおるとか、そんな奇跡がなんの価値がありましょう。
凡夫が仏になる。これほど大きい奇跡がまたとありましょうか」
というように、信仰の大切さを強調されているところはさすがです。

弁栄上人は、霊界の存在を知っていたようです。
まさに、ニューエイジ的なお坊さんなのでありました。

心霊界

大宇宙は本絶対界にして不可思議である。
吾人は五官を以て経験しつゝある感覚世界を越えて
心眼開きて覧るべき方面を心霊界と名づく。

即ち生死界を超越したる涅槃界の事である。

涅槃界を常寂光土とも云ひ、或は密厳浄土また智慧土極楽国蓮華蔵
世界等の種々の美はしき名を以て表はされてをる。

世に現世界のみにあこがるる幼稚なる宗意識の人は
超然たる霊界即ち美天国又は浄土の存在を知らずにをる。

高等なる宗にして初めて其の目的を心霊界に於いて永劫の生命常住の平和を求む。

仏にて涅槃界と云ひ、また清浄仏界と云ひ、
基督に美天国また神の国と云ふは其実は同一の異方面観と云ふ事を得べし。


「人生の帰趣」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/21-d5654c1e