FC2ブログ
2009.11.21 苦難を勝利に
現代の仏陀は、このたびの国民の選択による「10年不況」を警告されています。

経営者へのメッセージです。




まことに、まことに、経営者にとっては厳しい時代がやってくるだろう。
再び乱気流時代に突入である。
私は主として、個人としての努力や、
企業家の持つ英雄的資質が花開くことをいつも願っている。
しかしこれからの十年は、あたかも鳴門の渦潮の中に引き込まれる木の葉舟のように、
情熱もあり、才能もある企業家が、
時代の渦潮の中にのみ込まれていく姿を数多く傍観しなくてはならない悲しみに、
耐えねばならないだろう。
民意が不幸の未来を選んだ以上、民の苦しみは自業自得ともいえよう。
時代はこの国を「全体主義的社会主義」の流れに引きずり込んでいくことだろう。
政治体制そのものが、国の没落を目指す時、
社長は、自らの持つ「真剣」に、毎日手入れを怠らないことだ。

自らに厳しくあれ。
脇を引きしめよ。
無駄な経費は削れ。
しかし、それでも、会社は生き残れまい。
どうやって、これからの「鳩山・小沢十年不況」から抜け出すか。
私の頭はそのことに集中している。
社会主義体制下の自由経済は、
刑務所の中の営業の自由と同じで、あってなきが如しである。
ただ、いえることは、
逆風下でも前進するヨットのように一筋の「商機」に「勝機」を見出し、
高付加価値企業を練り上げることだ。
遅くはなろうとも人々は、間違いに気がつき、真のリーダーを発見するだろう。
苦難を勝利に変えるべく、努力せよ。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2151-8272d895