FC2ブログ
2008.04.21 仏教の神秘性
仏教の密教には、
幸福をもたらす呪文の、息災増益
敵対者の除去をもたらす呪文の、調伏、などがあります。

お釈迦さまは魔術や呪術、神通力の濫用をいましめられました。
それは、あくまでも正しい法の実践によって、人々を悟りの彼岸に導くためでありました。

しかし仏教には、最初から密教的要素、神秘性がありました。

原始仏典を読むと、お釈迦さまが数多くの神変(奇跡)をおこし、
三明六通(霊能力)を持っていたことが、わかります。

仏教学者の奈良康明著「仏教史」には、こうあります。




原始仏典においても、
仏教徒の間にもさまざまな呪的な観念の多くあったことを、
おのずと示してくれる記述が少なくない。
例えばブッダの舎利、遺髪、爪などの崇拝は現世利益があると信じられている。
あるいはブッダの衣を竿の先に掲げて町をねり歩き、
ブッダを念じると疫病が止んだりする。(『アヴァダーナ=シャタカ』)。
悪人が袈裟をまとっていたがためについに滅ぼし得なかった(『ジャータカ』)ともいう。
また、デーヴァダッタが釈尊を害せんとして精舎を大石で圧しつぶそうとした時、
比丘たちは大声で経典をとなえながら精舎の周りをまわった(パーリ律)という。
また仏典中にはヤクシャその他の鬼霊が人に憑き、
ブッダないし比丘のくることによって本復したことを多く記している。
いかなる儀礼がおこなわれたかは不明だが、
シャーマン的な治療行為に仏、法、僧がかかわっていたであろうことを告げている。
また、呪術的な治療行為について、小乗、大乗の経典は少なからぬ記述を残している。
仏教の呪術が、もう少し具体的な形態をとったものがパリッタである。
パリッタとは災難から身を守るものとされ、防護呪と訳されている。





戒律においても、
護身の為の呪文は徐々に黙認されるようになっていき、
四種呪・五種呪・六種呪などが規定されるようになります。

神秘性、超自然性がなければ、宗教というのは成り立たないのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/218-843be071