FC2ブログ
2009.12.08 愛に敵なし
人間は感情のいきもの。

人は情で動き、時には、自分の命でさえも平気で捨てる。

感情は幸・不幸とも直結している。

もの金や環境だけではない。

うれしい、楽しい、感謝、うきうきできれば幸せだ。

怒り、いらいら、嫉妬、不愉快であれば不幸せだ。

極言すれば、幸・不幸の正体は、愛があるか・愛がないかである。

不幸せはすべて、愛の不足からくる。

悪魔といえども愛の欠如した憐れな存在なのだ。

この場合の愛は、人から貰う愛のことではない。

愛は心の中で自家発電されるもの。

その供給源は神仏である。

愛は与えば与えるほど、与えられる。

そして与えれば与えるほど、愛の器は大きくなっていく。

そうすればまた、よりたくさんの愛を与えることができる・・・。

愛はこうして循環し、幸福感は増してゆく。

愚僧も、いろいろな感情に巻き込まれた時、この愛の教えを思い出す。

永遠に生きるのは愛だけなのだから。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2195-d1598b1d