FC2ブログ
2008.04.22 両部の大経
「大日経」と「金剛頂経」は、
真言密教の両部の大経といわれ、根本経典とされています。

これらの経典は、
陀羅尼(ダラニ)や呪文、魔術などが中心の雑蜜に対して、
瞑想法や成仏法がシステム的に説かれた純蜜の経典であるといわれています。

「大日経」は、「大毘盧遮那成仏神変加持経」とも呼ばれるように、
大毘盧遮那仏即ち大日如来が、衆生本来の心のあり方を説いたお経です。
自己の心を如実に知ることが、
大宇宙の根本仏を知ることである、とする理法が中心に説かれます。

「金剛頂経」には、ヨガなどの実践法が中心に説かれていて、
宇宙的な究極的実在と、自己との即時合一の、即身成仏が説かれています。


密教は、
哲学的に偏ろうとする仏教に、宗教的生命を取り戻すべくしておこってきたものであり、
内なる心の世界において、大宇宙の根本仏(神)と合一をはかる神秘思想です。

段階を踏んで、生きている間に仏に成るという、
いわば、純粋に仏陀の悟りそのものの霊体験を得ようというものであったのです。

また、宇宙の真理を顕す曼荼羅を用いるところも独特です。

空海は、この曼荼羅を、
「密教の教えは奥深く、言語や文字で表現することは困難であるから、
仮に図画をもって密教の大生命の世界を、まだ知らぬ人々に示す」
と説明しています。

心理学者のユングなどは、
「曼荼羅こそひとつの個としての人間の完成像であり、すべての道はそこに通じる」
と高い評価をしています。

この密教では、師弟の相承が大切にされるので、
中国僧恵果が異国人の空海に相伝した後、中国では密教が途絶えてしまいます。
それほどの決断をさせるほど、空海というのは優れていたのです。
この空海が、「金剛頂経」を日本に持ち込みました。


仏教は、本来、神秘思想なのですが、
無の哲学に偏りすぎて、霊的次元との接触が失われつつありました。

また、西洋神秘思想で言うところの、
宇宙から注がれる神の愛を受けて、神への道を進む道、
神を絶対的に信仰することにより、神との合一を目指す道、
が軽視されがちでありました。

絶対者である神や、行動原理である愛に関して弱い部分が出てきたのです。
何故なら、「無」からは慈悲や愛、積極的な行動原理が生じてこないからです。


そこで、密教や浄土教などの神秘思想が、仏教の中からも起こってきたのです。

ちょっと難しくなってしまいました。(反省)




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/223-3762818a