FC2ブログ
ヘルメス思想には、
まるで、仏教の欲界・色界・無色界の三界のような概念が説かれているのは驚きです。




この世界全体は三重の本性から成るゆえに、三つの界域に分かれる。
すなわち上天界、天界、下界である。
叡智界とも呼ばれる、上天界は、完全に霊的かつ不死であるので、
三つのうち最も高貴な界域である。それは至高なる神に最も近い。
天界は他の二つの界域の中間にある。
きわめて完璧な種類の物体がここに属して、同界域を霊に満たしめ、
また無数の力と生の息吹を、霊の水路を通してあまねく行き渡らしめる。
腐敗を知らぬ界域であるが、ただしその周期が完了するごとに変化は免れない。
最後に通常、元素界とも呼ばれる下界は、世界の最下位を占めている。
この界域は本来まったく物質的であるがゆえに、
霊的恵与と恩恵を借用によって有するのみ、その主たるものは生命にあるが、
借りたものはやがて天へ返さねばならない。
下界の中では、如何なる生成も腐敗なくしてはあり得ず、
如何なる生誕も死なくしては行われない。


「ヘルメス哲学の秘法」ジャン・デスパニエ




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/227-864c625d