FC2ブログ
2008.04.24 執着を捨てる
お釈迦さまは、執着を捨てよと繰り返し説かれました。

あらゆる苦しみは執着から生じます。

この肉体は四大元素の化和合であり、
本当の自分ではありません。

永遠不滅ではない肉体は、仮の宿です。

この世の全てのものは、変化し、老朽化し、滅びます。

地位や財産、名誉や肩書きは、霊界にはもって帰れません。

愛の反対が、執着です。

愛は与えることであるのに対し、執着は奪うことです。

執着は自我を肥大させます。
肥大した自我は、もっと欲しいと叫びます。

本来、自分のものは何一つありません。

自他は一体であり、皆、大宇宙の一部です。

執着は、自分の周囲に壁を築きます。

この壁を壊せば、神の光が流れ込みます。

執着を捨てれば、幸福になれる。

キリストも、「命を捨つる者は、命を得る」と言っています。

蝶は、捕まえようとしても、逃げていきますが、
無心でいると、頭にとまって休憩するのです。

執着を捨てるとは、
ちっぽけな自我が、本当の自分ではなく、
実相の如来のいのちが、本当の自分であることを知ることです。

執着を捨てるとは、
仏の愛に満ち、完全円満なる永遠の実相世界を掴みとることです。

執着を捨てるとは、幸福を得るための方法だったのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/228-990dd1c0