FC2ブログ
人生の戦場は、多くの場合、険しい場所において戦うものである。
苦闘のないままで勝利を得ても名誉は得られず、争いがなければ得られるものもないであろう。
意志薄弱な人が困難に当たれば恐れをなしてしまうけれども、
意志強固な人が当たれば、ますます奮起して力を増すことになる。
人間が進み行かねばならない道には、必ず障害物が散らばっているものだ。
しかしながら、堅実な善行、誠実な熱意のある心、活動的で耐え抜く力、
揺るぎない意志によって、
自分を妨害する困難を乗り越え、不運に勝つことができるはずである。
苦難という学校は、国家においても、個人においても、
精神修養のためになる最善の学校である。
従って、大事業について書かれた記録で、
大きな困難や大きな苦難を伝える記録でないものはない。
たとえば、北方の国は気候が寒冷で悪く、しかも変わりやすく、
土地はもともと石ばかりで痩せていて産物が少ない。
人びとがその困難に勝とうとして精神力を注いできた様子は、
言葉で言い尽くせないほどである。
南方の温かい国の人びとには分からないであろう。
しかしながら、それによって智恵や技術が日々進歩し、素晴らしい製品を造り出し、
地球上のどんな国にも負けない人びととなることができたのである。
どんな場所でも苦難はある。
人はそれによって不幸を幸福に変え、災いを転じて福としなければならない。
苦難と戦うことで自らの力を鍛練し、智恵を増やし、勇敢さを身につけることとなるのだ。
しかしながら、経験によって分かることがある。
一般に障害というものは、それを強く掴むことによって打ち勝つことができるのだ。
それはイラクサのようである。
そっとこれを掴めば手に刺きるものであるけれども、
もし思い切って握れば、その柔らかさは絹糸のように感じるであろう。
従って、一般的に「目標と定めたことを行うなら、必ず達成できるはずである」と、
自分自身で信じて疑わないことが第一の援助となるのだ。
このようにすれば、
困難も、必ずこれに勝とうとする決意の志に恐れをなして、
自然と離れ去ってゆくものである。
多くのことは、やってみなければ成し遂げることはできない。
それなのに、志の弱い若者はまだ試してみる前にため息をついて、
「自分はこういうことをやりたいと思うけれども、
自分の力で達成できるのだろうか」などと疑うが、これはまったくいわれのないことである。
ただ心に願うだけでは、何ごとであっても成し遂げることはできない。
奮起して努力することによってこそ達成できるのである。
だから、全力を注いで試してみることは、1000回願うことに匹敵する。
疑いの心は可能性の限界を自分自身で定めて、試して努力することを妨げるものである。
リンドハースト卿はこう言った、「困難は克服されるべきものである」と。
そして、どんな困難なことであっても、
これを積極的に捉えて訓練するならば、次第に行い易く感じるようになるはずだ。
そのように反復して練習すれば、揺るぎない力が自然と生じ、
知性と品格の両方ともが完全な修養を得られるはずであり、
活発な精神、自由、気品などによって、物事に対処することができるようになるのである。
人が学んで知ったことというのは、すべて困難によって勝ち得たものである。
そして、困難に打ち勝って自分の手に入ったものがあれば、
その力を元手にまた他のことに力を注ぎ、それに打ち勝つことができるのである。
教育の中で、初めはあまり必要がないように見えても、
将来はそれが有用であると分かることもある。
たとえば、ギリシア語、ラテン語を学び、数学を学ぶようなことは、
その中から多くの知識を得ようと思うからではない。
しかし、それらの訓練によって才能が発現し精力が生まれてくるなど、
その利点をいちいち挙げて言うことはしない。
一つのことに精通すれば、二つ目のこともできるようになり、
こちらの仕事に詳しくなれば、あちらの仕事に導かれてゆくはずである。
このようにして、一生の間、困難に勝ちつつ進歩し、
生命が終わるときまで自己修養の努力を怠ってはならない。
ダランベールはあるとき、
数学の勉強内容が先に進まないことに不満をもらす一人の学生を諭して言った、
「励みなさい。君が進み続けて立ち止まらなければ、
必ずや自信と力が君のものになるだろう」と。

S・スマイルズ「自助論」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2284-c73e947c