FC2ブログ
この例え話は、有名でありますが、
銅像で有名な、二宮尊徳が話したそうです。

世の中に本当の真理はただ一つしかないが、その真理に近づく入り口はいくつもある。
神道、仏教、あるいは仏教でも天台宗、浄土宗、真言宗などいろいろあるが、
これらは何れも、いくつもある真理への入り口に付いている小道の名前に過ぎない。
例えば富士山に登るのに、吉田から、須走りから、須山から、それぞれ登れるが、
最終的に頂上に至れば同じ所である。
これを、違う目的に到達できる別々の道がある、と考えるのは誤りである。
入り口が幾つもあっても、最終的に到達する場所は、一つである。
それは、誠である。 ところが世の中では、これらを別々な道であると言い、
真理が幾つもあるように言っている。


「二宮翁夜話」

どのような宗教も、目指すところはワンネス(神)である。
まさにこれこそ、ニューエイジ的なものなのです。

二宮尊徳の過去世は、奈良時代の行基菩薩であり、
その後は、現代に名コンサルタントの一倉定氏として転生されたのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/23-874950fa