FC2ブログ
2008.04.26 大切なこと
大切なのは、肉体が我ではないということを悟ること。

生老病死の苦しみは、誰にでも必ず、やってきます。

しかし、その苦しみを苦しみとする必要はありません。

本当の自分は、永遠の魂であると知れば、

生れてくる苦しみも、老いる苦しみも、病気の苦しみも、死の苦しみも、

乗り越えられます。

神が私達を苦しめるために、そのような仕組みを作ったのではありません。

限りがあり、不自由で、儚く、不浄なる世界を経験してこそ、

常住で安楽、清浄なる霊界での生活の価値が分かるからです。

あの世では、食べる必要もなく、眠る必要もなく、自由自在の世界です。

この世での経験は、あの世での経験の何倍にも相当するのです。

あの世へ帰れば、その喜びは何倍にもなり、限りない光輝につつまれます。

必ず報いがあるのです。

また、人は、決して一人ではありません。

必ずあの世で見守っている霊存在がいます。

そして、神仏も、限りない慈愛をもって見守っておられます。

信じることで、この世とあの世はつながります。

この世にいながら、あの世にいるように生きる。

これが、悟りなのです。 

精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/237-1530378d