FC2ブログ
2010.02.15 修行の功徳
原始仏典には、当時のリアルな修行者の姿が記録されています。

その仏弟子達の信仰のあり方は、現在の無霊魂仏教とは全く別もののようです。



パッシカ長老

「この世で信仰心の無い親族たちのあいだで、 
一人でも信仰あり、聡明な知慧あり、
つとめをまもり、戒めを実行しているならば、親族たちのためになる。
わたしは、慈しみの心で、親族たちを咎め、叱りました。
修行僧たちのあいだにありなから、親族・血縁者たちにつくして。
かれらは、過ぎ去り、死んでしまいました。
かれらは、『第三の天界』で安楽を得ています。
わたしの兄弟たちや母は、
欲するがままに望みをかなえて楽しんでいます。」


パーリ原始仏典小部「テーラガーター」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2375-c325a2a9