FC2ブログ
学問とは広い言葉で、無形の学問もあり、有形の学問もある。
心学(心を修養する学問)、
神学(宗教の教義や信仰について研究する学問)、
理学(哲学)などは形のない学問である。
天文、地理、窮理学(物理学)、化学などは形のある学問である。
どれも皆、知識や見聞の領域を広め、
物事の道理をわきまえ、人間としてのつとめを知ることである。
知識・見聞を広めるためには、あるときは人の言葉を聞き、
あるときは自分でよく考え、あるときは書物も読まなくてはならない。
そのため、学問をするには文字を知ることが必要だが、
昔から世の人々が思ってきたように、
単に文字を読むだけで学問とするのは、大きな思い違いだ。
文字は学問をするための道具であって、
たとえば家を建てるのに槌や鋸がいるようなものだ。
槌や鋸は建築に欠くことのできない道具だが、
その道具の名前を知るだけで、
家を建てることを知らない者は、大工とは言えない。
まさに、こういうわけで、
文字を読むことだけを知って物事の道理をわきまえない者は、
学者とは呼べない。
いわゆる「論語読みの論語しらず」とは、すなわち、これである。
我が国の『古事記』はそらんじていても、
今日のコメの値段を知らない者は、生計の学問に暗い男と言えよう。
四書五経などの中国の古典の奥深いところをきわめていても、
商売の法を心得て正しく取引をすることができない者は、
帳簿の学問ができない人と言えよう。
数年の苦労を味わい、
多額の学費をついやして西洋の学問を身につけたけれども、
まだ独立した生計を立てられない者は、
時代の学問にうとい人である。
これらの人たちは、単に「文字の問屋」というべきだ。
その効能は、飯を食う字引でしかない。
国のためには無用の長物、経済を妨げる食客と言ってよい。
だから、生計も学問であり、帳簿のつけ方も学問であり、
時代の流れを察することもまた学問である。
どうして和漢洋の書物を読むことだけを学問という道理があろうか。


福沢諭吉「学問のすすめ」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2425-7bbe9e43