FC2ブログ
末来は明るいと信じよう。

日々、良くなるしかないのだ、と信じよう。

希望をもとう。

強い信念は実現します。

明るい思考は、明るいものを引き寄せます。

病気や不幸は、確かにあります。

しかし、神仏は、その人が耐えられない試練は与えないと信じよう。

また、私達は、どうしても自分に自信が持てず、自分を責めてしまうことがあります。

しかし、自己嫌悪や自虐は、仏に対する罪です。

何故なら、私達は皆、仏の子であり、仏性を宿した存在だからです。

自分もまた、神仏に愛されている存在なのです。

自分を愛そう。そして、自分を褒めることも大切です。

自分を愛せないのに、他人を愛することはできません。

自分と他人と神仏を信じよう。

例え、地球上にどれほどの悪や悲惨や不幸があるように見えても、

神仏は地獄の底をも支え、長い目で見守っておられるのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/244-30b260f6