FC2ブログ
2010.03.24 磁力の秘密
現在、軍産複合体によって隠蔽されている未知の科学技術はいろいろとあるようです。

宇宙開発や軍事において時代遅れとなったものが、
「スピンアウト」して民衆にリークされ、ジェット機やレーザー技術、
インターネットや携帯電話、GPSなどとして広まってきたというのは有名な話です。

しかし、もっと驚くべきことに、
科学技術の進歩は、異星人によってもたらされてきたのです。




もし地球に磁力の秘密が伝えられたら、
きっと人々の生活は一新されることでしょう。
想像してみて下さい。
もしエネルギーが無料で利用できるようになり、
磁力で推進する宇宙船を誰もが使えるようになったら、
どのような変化がもたらされるでしょうか。
けれども地球では、ネガティブな勢力が、強い支配力を持っています。
各個人にさらなる力と自由を与えかねないものは、
何でも彼らにとっては脅威となるのです。
それには至高なる神性の法則も含まれます。

テクノロジーの分野では、
大衆にとっては有益でも、権力者にとっては不利益となる発明は、
通常は非公開とされるか、もしくは壊されるか、少なくとも信用が貶められるのです。
(アダムスキーが金星人からもらった図形入りの金星文字をヒントに、
フリーエネルギーの磁気モーターを開発したバンデンバーグは、
アダムスキーの制止を無視してそれを公表しようとしたために、
その直後に行方不明となっている。)

地球は電気発明家のニコラ・テスラ(交流電流、無線、
蛍光灯などの装置の発明で知られる)に多大な恩があります。
彼がいなければ地球の文明は今日のようにはなっていなかったでしょう。
彼は一時期、トーマス・エジソンと共同で、
電気モーターと発電機を設計していたことがありました。
ナイアガラの滝の発電システムの開発を受け持っていたのはテスラでした。
70歳になるまでテスラは700以上もの発明を自ら成し遂げています。
しかしテスラは時代を先取りしすぎていました。
エジソンですら彼に背を向け、
自身のものよりも優れていたテスラのアイデアの評判を落とそうとしました。
テスラは地球そのものから得られる、
無尽蔵のエネルギーを利用することにおけるパイオニア(先駆者)で、
エネルギーは巨大な発電所で発生させる必要はないことが分かっていました。
当時テスラが何を言わんとしているかを知っていた者たちは、
彼とそのアイデアの信用を貶めることに成功し、
磁力の秘密が、世界中に恩恵を与えるのを防いだのです。
テスラの次の言葉から私たちは彼の目指していたことが分かります。
「電線のないエネルギーの応用として最も価値があるのは、
飛行機を推進させることであろう…」。
彼の死後、テスラの研究施設は長年にわたって閉鎖され、
彼の偉大さは、人々の記憶からほとんど消え去ってしまいました。
彼がかつてこの地球に存在したことを知っている人はごく少数です。
そして彼が地球を援助するために金星から来たことを知っている人はさらに少数です。


オムネク・オネク「私はアセンションした惑星から来た」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2457-bbf8a5dd