FC2ブログ
日本人には好戦的な西洋人のことが理解できません。

その理解への鍵は、どうやら、このあたりにありそうです。




イギリス王室関係者によると、
「ロスチャイルド家、ブッシュ家、ロックフェラー家などの人たちは混乱して、
最近まで、今の世の中の状況をわかっていなかった」そうだ。
こういう状態だから、彼らの考えていることを暴露する内部告発がどんどん出てくる。
その考え方は、一般人と非常にかけ離れていて、
さらに洗脳された一般の欧米人とも全然違う。
アジア人や他の人種の観点からすると、
彼らの考え方は馬鹿らしく思えるかもしれないが、
彼ら自身にとっては真実そのものなのだ。
彼らの信じている歴史は、我々が教えられてきた内容とはかなり違う。
しかし、CIAの幹部や、ロックフェラーの「Ninjya」と名乗る人物や、
インターネットに情報を書き込んでいる人たちは、その歴史は真実だという。
彼らの歴史物語が真実かどうかは別にして、
欧米を支配してきた「ファミリー」の精神状態を理解することが鍵となる。

この人たちの歴史観では、
文明は少なくとも7万年前から存在し、
地球人は、もともと動物に近い生き物だった。
人間に近い宇宙人が、その遺伝子を変えて、
人類を自分たちの奴隷(家畜)にしてしまったというのだ。

この「ファミリー」は、アトランティス大陸が崩壊する前から、人類を支配しているという。
ファミリーのメンバーが各分野(軍、学術、精神世界、科学、政府)を指導しており、
もちろん、金融とマスコミの支配も「ファミリー」のものという考え方で、
彼らの権力は絶対的であるという。
その「ファミリー」の頂点は、イギリス王室や他の国家の王室ではなく、
本当の頂点に立つ者が誰であるかは秘密になっているという。
ただし、「ファミリー」の中には、よい神様を信仰している人たちと、
悪い神様(悪魔・ルシファー)を信仰している人たちがいる。

ベンジャミン・フルフォード「日本を貶めた闇の支配者が終焉を迎える日」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2515-f5f8d59a