FC2ブログ
断固、明日の審議入り阻止!!

超危険!
国会改正法案まとめWIKIより

「国会法改正案」とは
(1)国会で答弁する政府特別補佐人から内閣法制局長官を除く
「余計な解釈するやつは国会に出てくんな」
(2)副大臣、政務官の定数を増やす
「脱官僚を見せかけつつ、内閣の方針に従う人間を増やすゾ」
(3)政府参考人制度の廃止
「余計な説明するやつは国会に出てくんな」
(4)行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催
「支持母体(日教組・北教組・マスコミ・サラ金団体などなど)の意見を重視!!」

- Q&A
Q:大げさなことでもないだろ。
A:十分すぎるほど危険です。憲法解釈を与党が勝手に変えることができます。
たとえば外国人参政権など問題のある法案がが通し放題になります。

Q:なんか意味あるのこれ?
A:憲法判断を与党がすることになる。つまり与党が通したい法案は原則違憲になりません。

Q:官僚を倒すのだからいいだろ。
A:専門家である官僚答弁が禁止され、今度は政治家が取って代わるでしょう。

Q:内閣法制局長官って何よ?
A:内閣が国会に提出する新規法案を、閣議決定に先立って問題がないかを審査します。
内閣法制局長官は法案の「違憲」「合憲」を、官僚も法案の「利点」「欠陥」を、
「時の政権与党に左右されない第三者の立場で」 判断・指摘できる存在です。

Q:閣僚が官僚に聞けなくて困らないの?
A:ほぼ確実に困ります。ですが強行採決で全て押し通すつもりでしょう。

Q:でも大丈夫なんじゃない?
A:脱税総理に脱税幹事長ですよ?それでも信用できますか?

Q:児ポ法も通るの?
A:児ポ法どころか政府の悪口すら書けなくなる可能性があります。

Q:最高裁が違憲判決出せばいいじゃん。
A:最終的に違憲判断が確定するまで、何十年と時間がかかるでしょう。






クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2567-2843ba94