FC2ブログ
唯物論を捨てて、信仰をとろう!

結局は、素直に神の声に従うことが、ユートピアへの道なのです。




今の日本の“常識”においては、
「信仰を持っている人は弱い人である」というように見られることが多いでしょう。
戦後、日本では、マルクス主義が非常に流行りましたが、
マルクスは「宗教はアヘンである」と言っています。
アヘンは麻薬の一種であり、以前は麻酔剤としても使われていました。
要するに、彼は、「宗教は、人を一時的に麻痺させ、
痛みを分からなくさせる麻酔剤のようなものである」と言っているわけです。
マルクスが唯物論を説いた結果、
世界は長らく二分化されて、宗教界は非常に苦しみましたし、
また、この考え方の下に、数多くの命がこの世から奪われていきました。
マルクス主義者たちは、革命のために暴力を使うことを肯定し、
「銃口から革命が生まれる」などと言っています。
つまり、彼らは、「反対する者は処刑したり殺したりすればよい。
そうして一党独裁体制をつくり、自分たちの理論どおりに政治をすれば、
結果的には平等な社会ができる。
党のエリートだけで支配すれば、理想的な国ができるのだ。
それがユートピアである」と考えたわけですが、現実は、そうはなりませんでした。

ユートピアというのは、本当は、次のようなものなのです。
「一人ひとりが、『神の子、仏の子としての本質を持っている』ということを信じ、
そのダイヤモンドのような神性、仏性を輝かせていく。
また、それぞれの人が、自分のオ能に合ったところ(適材適所)で、
見事に発展・繁栄をしていく。
そして、個人として才能を伸ばすとともに、
会社や社会、国家など、全体としても大を成していく」
実は、こうした繁栄のなかにこそ、神の栄光、仏の祝福が得られるのであり、
このような世界こそが、本当の意味における、地上ユートピアであるのです。
いくら頭のなかで理論的に考え、「こうなればユートピアになる」と思ったところで、
現実には、そうはならないのです。


大川隆法「宗教立国の精神」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2588-3c7605ad