FC2ブログ
幸福実現党の菅直人新総理就任に関する声明です!

コピペ
Happiness Letter179

皆さま、おはようございます!
昨日、菅首相が選任されました。
迷走を極めた鳩山内閣がわずか9カ月足らずで退陣し、
民主党の政権担当能力に対し、国民の信頼は大いに揺らいでいます。

管首相は「日本の行き詰まりを打破したい」と語ったものの、
失われた日米の信頼関係の再構築についての言及はなく、
日米同盟は更に暗礁に乗り上げることが予測されます。

また、菅首相は財務相時代に「増税しても使い道を間違えなければ景気は良くなる」、
「(消費税増税の)議論を始める時期がきている」と消費税増税を主張しており、
「増税不況」の到来が懸念されています。

国防、経済が分からず、より一層の左翼化が懸念される管政権に対し、
幸福実現党は全力で国難の深刻化を食い止めるべく、
未来産業創出による経済成長、日米同盟強化、本格的教育再生を実現して参ります。

菅直人氏の総理就任を受け、昨日、以下の通り、
石川悦男党首より幸福実現党の声明が発表されましたので、ご報告申し上げます。

☆゚・*:.。. .。.:*・゚
《菅直人氏の新総理就任に関する声明》

本日、総理に就任した菅直人氏は、民主党代表選挙において、
「強い経済、強い財政、強い社会保障は一体として実現できる」と語っているが、
最も重要な意見表明を行っていない。

菅氏が本来、意見表明すべきことは、
鳩山前首相の辞任理由である「米軍普天間基地」の移設問題の迷走、
並びに日米同盟の亀裂の拡大に対する総括だったはずである。

菅氏は、副総理の時代も含めて、一貫してこの重要案件に口を閉ざして来たのは、
責任回避のための自己保身そのものである。

この見解に関して国民に問わずして、菅氏が新代表、新総理に選ばれたことは、
民主党の欺瞞であり、単に支持率回復のための「表紙のすげ替え戦略」であることを露呈している。

この事実自体、民主党に政権担当能力が大きく欠落しており、
鳩山氏と同じく、国家・国民を守る気概が欠如していることを示している。

菅総理に対し、「米軍普天間基地」の移設問題、日米同盟、
並びに、国家の安全保障強化に対する見解を早急に意見表明することを要求する。

そして、本見解に対して国民に信を問うべく、一刻も早く衆議院を解散することを強く要求する。

幸福実現党 党首 石川 悦男
☆゚・*:.。. .。.:*・゚




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2610-0d970188