FC2ブログ
2008.05.03 悟りの厳しさ
現代の仏陀が説かれる悟りの厳しさです。
まれなることであります。




悟りとは、厳しいものだ。
この世的なる価値観を、切り落とさねば、その出発点にも立てない。
釈尊成道の折には、
魔は、この世的道徳と、社会的義務を説いて、釈尊の帰城を勧めた。
老いた両親は、どうする。妻子は、どうする。カピラバストゥ城は、どうする、と。
釈尊は義理の母と、妻子を出家させ、釈迦族の青年も、多数出家させた。
晩年、釈迦国は、コーサラ国に攻められ、滅亡した。
釈尊が、父王の地位を継げば、一族の滅亡は防げただろう。
しかし、彼は仏陀の道を選んだ。
そして、仏教は、全世界に広がり、彼の悟りは、世界の救いとなった。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/266-57adcf2d