FC2ブログ
2008.05.03 新しい経済観
古い宗教観では、富や経済活動を悪とするような風潮があります。

しかし、ニューエイジ思想では、
清貧よりも、この世的な豊かさの享受が説かれます。
心の開発に従って、心の影である経済現象が従い、
富を得ることが出来るとされるのです。

唯物論的な考え方では、限りある資源を分けあうことになりますから、
一人が多く持つ分、それだけ他の人の取り分が減ることになります。

ですから、富の占有は、他の人から奪うことになるので、たしかに悪となります。

しかし、現代は大量生産の時代であります。
技術革新や、流通の発達、国家間の自由貿易などで、
世界中が物で満たされるようになってきました。

また、
宇宙には無限のエネルギーが満ちており、
真空というのは無ではなく、エネルギーの海であることがわかってきました。
ですから、無からいくらでもエネルギーが生み出せるのです。
新たなエネルギーが創造できる可能性は、無限にあるのです。

マルクス経済学の間違いはここにあります。

経済学の父といわれるアダム・スミスは、倫理・道徳の教授であり、
神を信じ、どうすれば国が豊かになるかを考え「国富論」を書きました。

そして実際に資本主義国は豊かになっています。


経済道徳は、時代によって変化します。
これからの宗教は、新たな経済倫理の確立が必要です。

富は、他の人の幸福の為にも使えますし、
正しい人が豊かになり発展することは善いことなのです。

神は人間に貧しくあれ、と願っているはずはありません。

限りなく、豊かに、発展繁栄していきなさい、と願っておられるはずです。


僧侶も、マルクスの呪縛から解放されるべきです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/267-c2d5f70d