FC2ブログ
現代の仏陀は、わが国だけでなく、全世界を救おうとされているのです。

日本の神々も、仏陀教団を守っておられます。




私たちは、保守勢力と呼ばれることが多いのだが、
内実は、日々のイノベーションを内包した、
日本再建運動であり、全世界救済運動である。
この点で、無神論・唯物論的左翼運動でないことは当然であるが、
皇室信仰一本やりの街宣右翼とも一線を画している。
国民が幸福となり、
世界が平和のうちに繁栄することを願うのみである。
戦後、左翼洗脳教育に屈したため、
無神論・無信仰・唯物論右翼がこの国には存在するのではないかと憂慮し、
天御中主神、昭和天皇、東郷平八郎の三柱の指導霊をお招びして、
『保守の正義とは何か』について語ってもらった。
心あるものは真意を理解していただきたい。

幸福の科学の指導(支援)霊団の中には、
日本神道系では、天御中主神、天照大神、日本武尊、
弟橘媛、伊邪那岐命、大国主命、卑弥呼、聖徳太子、
その母・穴穂部間人皇后、聖武天皇など、数え切れない霊人がいる。
もちろん日本神道に影響を与えた孔子、孟子、老子、荘子なども指導霊団に入っている。
にわかには信じられないだろうが、
私は三十年近くこの仕事をやってきている。
私自身の魂はギリシャ・インド系に近いが、
この日本の国を心から愛している。
「愛なき者は神を知らず」である。
もう一度、信仰心を学び直すことから始めてみようではないか。

2010年 7月28日
宗教法人幸福の科学総裁 大川隆法





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2699-b96dbe1d