FC2ブログ
2010.10.26 宗教は一つ
時代の転換期に生じたことをとおして、
諸宗教の一致、人類への霊的告知が一つであることが理解できる。
伝統に固執せずに、
実際に仏陀が語ったことを傾聴することによって、
仏陀の本質を知ることができる。
紀元前6世紀から5世紀にかけて、
仏陀はベナレスで教えを説いた。
けれども、それ以後、仏陀は黙していたのではない。
肉体を持つことはなくとも、
仏陀の応身をとおして霊感を与え、語り続けた。
宗教は一つなのである。
私たちはそれぞれの宗教を、
人類の進化の経過のなかの正しい位置において考察し、
それぞれの宗教のなかに、死んだものではなく、
生きたものを探求しなければならない。
すべては、発展しつづけるのである。


ルドルフ・シュタイナー「神仏と人間」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2788-d6b5eab2