FC2ブログ
現代の仏陀は、ついに日本への脅威の正体を明らかにされました。

主の言葉を聞かずば、この国に、世界に、未来はない!




ついにやるべきことをやったという気持ちだ。
中国の温家宝首相の本心に迫ってみた。
本年一年の公開霊言シリーズの愛読者なら、
私が温家宝首相の守護霊を招び出せることも、
その本心を聞き出せることも、すでにご存知だろう。
日本の今後の国家戦略を立てるにあたっては、まことに価値の高い一冊である。
また同時に、北朝鮮の三代目に確定した金正恩氏の実像にも迫った。
私がジャーナリストだったらピューリッツァー賞ものだろう。
国民の知る権利に応えたつもりだ。
そして全世界の平和を愛する人々へのメッセージを込めたつもりである。

温家宝首相の名前と温顔に迷わされて、
我々は、ヘビに狙われているカエルであることを忘れていたようだ。
彼(ら)の心の中には、もはや「日本」という国は地上に存在していないらしい。
そして、北朝鮮の三代目、金正恩氏が、
ぺ・ヨンジュン主演の「太王四神記」の広開土王の再来を目指して、
朝鮮半島統一の野望を抱いているとは……。
本書によって、日本人の常識、
日本の大マスコミの常識、
民主党政権の中枢部の常識は、
根底からくつがえされたと言ってよいであろう。
対策なくば、座して死を待つのみである。

ついに本命というか、日本への脅威の正体が明らかになった。
現代中国が世界最強へと駆けのぼろうとしている時に現れた男『習近平』。
ヒトラーを「小さな人物」、
ドイツ第三帝国を「小さな帝国」と評してはばからない男。
そして自らを世界帝国「元」をつくった「チンギス・ハン」の再来だと名乗りを上げた人物。
宗教家としての良心に照らして述べるが、これは本当だと思う。
果たして民主党政権の、菅氏や仙谷氏で、「チンギス・ハン」に対抗できるのか。
自民党の谷垣総裁で対抗できるのか。
この国の国民には、もはや残された選択肢はないのか。
日本国民に申し上げる。
いまだささやかな力しか持ちえていないが、
「幸福実現党」にパワーをお授け頂きたい。
ここが日本の実際の『国家戦略室』なのだから。

日本が滅亡するかどうかは、
最後は、「エル・カンターレ文明」対「大中華帝国」の戦いになるらしい。
どちらがどちらを呑み込むか、あるいは折伏するかだ。
子ども手当のバラまきで選挙民の歓心を買い、
尖閣列島領海侵犯事件を、那覇地検の事務判断のレベルにして逃げおおせる卑怯な政府は、
あっという間に白旗を揚げるだろう。
テレビ局も、大新聞社も、
もうすぐ国営(中華帝国経営)にかわって、
あるいはブラックアウトし、あるいは検閲がかかるというのに、
あいもかわらず「民主か自民か」ばかり報道している弱さよ。
早く国師の言葉を聞きなさい。

国師 大川隆法





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/2804-32c852e3