FC2ブログ
2008.05.09 仏教と無神論
明治以降、欧米の洗礼を受けた日本の仏教学者は、仏教を無神論にしてしまいました。

まず、欧米の学者が、仏教は虚無を説く無神論だ、と主張したのです。

当然、欧米の学者は、
キリスト教の神は至高神だという絶対的な信仰を持っていたからなのですが、
日本の学者は、それをそのまま受け入れたのです。

敗戦によって、日本は西洋文化に対して屈折した感情をいだくようになっていました。

何故、神はキリスト教だけのものなのでしょうか?

あらゆる宗教には神がいるはずです。

実際には、キリスト教の神も、究極の神ではありません。
キリストやマホメットを指導していたのも、
イスラエルの預言者達を指導していたのも、複数の人格神です。

仏陀もまた、人格神の一人であり、神々の指導者であったのです。

究極の神は、霊を超えたるものであり、把握することは困難なのです。

それらのことが、明らかにされたのは近年の霊界情報によってのことです。

日本のヨーガの第一人者はこう語っています。




高度の知性段階において初めて発達する純正な神秘思想的宗教においては、
冷静にして合理的な、さらに技術的な記述こそが最も適切な表現様式なのです。
ヨーロッパの学者が初めはプッダの教説を宗教ではないと考えたのは、
ここに誤解があったからです。
ヨーガと同じように知性的で、冷静であったブッダの教説は、
彼らキリスト教をもって宗教の典型と考えていた人たちには、
どうしても宗教とは受け取れなかったのです。
純正な神秘思想的宗教においては話を神から始めるのは無意味です。
それは神を否定するのではありません。
神を語る前に、神に至る道を明らかにすることから始めるべきである、
というのが神秘思想家の言い分です。


「ヨーガ根本経典」佐保田鶴治



クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/286-621cb0fe