FC2ブログ
仏教でいう「無我」の本当の意味を、現代の仏陀が説明されています。
まれなることであります。




キリスト教などでは、「霊と肉とはまったく別なものである。
そして、肉に奉仕するものは地獄的なものであり、霊に奉仕するものは天国的なものだ」
という単純明快な説明をすることがよくあるのです。
「肉体に奉仕するというのは、すべて、サタンの王国に奉仕するのと同じであって、
霊に奉仕することこそ、神の国に奉仕することなのである」というような考え方です。
しかし、それだけでは、多少、単純すぎるきらいがあります。
霊的な存在というのは、もちろん、だいじな存在なのですが、
この霊的な存在は、究極の人間存在そのものではないのです。
霊的な存在も、まだ霊としての肉体である「霊体」というものをまとって、
魂修行している段階であって、それは人間のほんとうの姿ではありません。
ほんとうのものというのは、そうした姿形あるものではないのです。
もっと究極にいくと、ほんとうに自由自在な、
個性を持ったエネルギー体としてものがあるだけです。
仏性という、それ自体がほんとうに仏と同じような性質を持っているものが、
どの人間にもあり、それが霊界では霊的な姿形をまとって生活しています。
そして、地上に出てくると、それがさらに肉体というものをまとっているだけであって、
肉体も乗り物であれば、霊体も一種の乗り物なのです。
ほんとうは、もともとそうした個性あらしめるエネルギーがあるだけなのです。
詳しくいえば、魂あるいは霊といっても、まだ根本的なものではなく、
さらにその奥があるということです。
すなわち、霊の究極にあるものとして、
「不滅の知性」「不滅の力」というものを述べています。
実際は、人間の姿形をした幽霊のようなものではないのです。
姿形のあるものを「魂」と言うこともありますが、それだけではなくて、
「不滅の知性」「不滅の力」としての性質を持っているものが霊存在なのだ、
ということを知っていただきたいのです。
 




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/292-9cdb2b67