FC2ブログ
事故などによる急激な死の場合については、
A・J・デービスはこう述べています。




人間がその与えられた天寿を全うした時は、生体電気がごくおだやかに、
そっと肉体から離れていくために、あたかもこの世への赤子の如く、
本人も自分が死んだことに一向気づかないことすらある。
しかし、その死が不自然に強いられたものである場合は、
苦痛が伴うために、それを意識せざるを得ず、さらにショックも残る。
そんな場合は、一時的に感覚の体止という現象が生じる。
つまり、死後の睡眠状態である。
それが何日も何十日も続く。
さらに霊体のほうは、霊の道具となるための準備がまだまだ不足している。


「Answers to Questions」




急死の場合は、霊的な回復に期間を要するようです。

いずれにしても、
老いや死は、怖いものではなく、巧妙、精緻なる神の御業なのであります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/294-3b1dba81