FC2ブログ
私は僧侶です。

子供のころは、「あなたの知らない世界」という心霊番組を見、
「恐怖新聞」、「後ろの百太郎」、「心霊写真集」、「地獄絵図」を読み、
「こっくりさん」などをして、無邪気(?)に遊んだものです。

高校生のころに、真理の書籍『太陽の法』に出会いました。

以来、一度も唯物論者であったことはありません。

僧侶の養成機関では、「仏教は神秘主義ではなく霊魂を認めない」、
というのが大前提なのです。

そして、通常はこれに洗脳されることとなります。

しかし何とか洗脳から逃れることが出来た私は、
独学で本を読み漁り、また独自に仏道修行を開始しました。(現在も継続中)

哲学書、宗教書、信仰書、自己啓発書、精神世界ニューエイジ関係、ニューサイエンス、
オカルト、チャネリング本、瞑想指南書、秘儀秘伝の書etc。

いつの間にか、宗教オタクとなっている自分に気づきます。

今では、スピリチュアルや癒しがブームですが、江原氏の活動は評価しています。

一方、僧侶はどうか?
あいかわらず、東大の仏教文献学者達が主張した仏教無霊魂説を鵜呑みにして、
「仏教は誤解されている、本来の仏教は霊魂など認めない」などとやっています。

しかし、近年、春秋社が出版した『原始仏典』(全七巻)をじっくり読めば、
仏教は紛れも無く宗教であり、霊やあの世、
輪廻転生のしくみを説いたものであることが解ります。
これは、パーリ語原始仏典の長部、中部を全て現代語訳した唯一のものなのです。

これからの、思想、科学は神秘へと向かっていくのは確実です。
そこには、無限の可能性が開かれているでしょう。

旧態依然とした仏教の古臭い体質を脱ぎ捨て、広大な世界へと目を向けなければなりません。

日々、精進して、出来るだけ、面白くかつマニアックなブログにしていこうと思っています。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/3-e0e7a645