FC2ブログ
2008.05.15 仏教者と科学
愚僧の本音をいうなれば、
海外の著名な高僧である、
ダライ・ラマ氏、スマナサーラ氏、パユットー氏らの発言も少々問題があるように思います。

彼らは、西洋文明批判から始まり、神概念を拒絶し、霊魂を否定します。
そして、仏教は、合理的であることを強調します。

「こころ」という概念は認めているようですが、
その主張は、哲学範疇においては単なる唯物論なのです。

もっともこれは、明治維新後の日本の仏教者と同じものです。

すなわち、仏教は知的で科学とも矛盾しない思想なのだ、という主張です。

しかし、この主張の裏側には、西洋へのコンプレックスがあるのです。

西洋には、高度な分析知と宗教性の両立した思想があります。

実は、西洋では科学者といえども、神を信仰している人が多いのです。

東洋には、分析知よりも直感知、瞑想体験、精神性を重視する文化がありました。

近代に入った東洋人は、魔法のように物質を生み出す科学思想に圧倒され、
自らの文化を嫌悪し、西洋の物質的側面にのみ憧れるようになってしまいました。

そして、科学が宗教になったのです。

科学もまた神から生れるものだ、ということを東洋人は見過ごしているのです。

真理に、東洋も西洋もありません。

仏教者は、科学と宗教を、安易に分けるのを止めなければいけないのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/313-afa6d6c7