FC2ブログ
2008.05.16 一夜賢者の偈
人生は、 「今」の積み重ね。

他の動植物を見ると、彼らがいかに懸命に今を生きているかがわかります。

人間だけが、取りこし苦労をし、余計な心労をつくっています。

ほとんど、心配するようなことは起こりません。

只、今を生ききることで、黄金の人生が開かれるのです。

聖書にも、

「明日のことを思い煩うな、
明日は明日みずから思い煩わん。一日の苦労は一日にて足れり。」

こう記されています。

お釈迦さまも、このように説かれています。


過去を振り返るな、未来を追い求めるな。
過去となったものはすでに捨て去られたもの、
一方、未来にあるものはいまだ到達しないもの。
そこで、いまあるものをそれぞれについて観察し、
左右されず、動揺せずに、それを認知して、増大させよ。
今日の義務をこそ熱心にせよ。
明日の死を知り得る人はないのだから。
死神の大軍勢と戦わないという人はいないのだから。
このように熱心に禅定を行なう人、昼夜怠けぬ人、
その人こそが「吉祥なる一夜における、心静まった聖者」として語られる。


パーリ原始仏典中部第131経「跋地羅帝経」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/314-6e4eee2e