FC2ブログ
プラトンの魂は、
臨済そして、ヘーゲルと転生していることは、すでに述べましたが、

ヘーゲルは、
ドイツ観念論哲学の大成者で、後に多大な影響を与えた大哲学者です。

彼は、
神学校で教育を受けましたが、牧師にはならず、
ギリシャ語、ラテン語、博物学、天文学、物理学などを修め、
哲学者としての道に進みます。

ヘーゲルは、
絶対精神といわれる神を認識し、
その視点から、あらゆる事象を語ることが出来ました。

知性という点では、人類を代表する一人であるそうです。

哲学は彼のところで頂点をむかえたと言えるのかもしれません。




哲学は理想を夢想するのではなく、
冷静な洞察をもたらさねばなりませんが、
その洞察とは、本当の善ないし普遍的な神の理性は、
自己を実現する力をももっている、という洞察です。
この善、この理性を、もっとも具体的にしめすのが神です。
世界を支配するのは神であり、
神の支配の内容、ないし、神の計画の実行が世界史なのです。
哲学はそれをとらえようとする。
神の計画を実行したものだけが現実であり、
それに反するものはいつわりの存在にすぎないからです。
神の理念はたんなる理想とはちがうので、
その純粋な光のなかに身をおけば、
世界が狂った、ばかげたものだとはとうてい思えなくなる。
哲学は神の理念の内容たる現実を認識し、
軽蔑にさらされた現実を正当化するものです。
理性とは、神の作品に耳かたむけることですから。

歴史に登場する民族がつぎつぎと交替するなかで、
世界史がそうした発展過程をたどリ、
そこで精神が現実に生成されていくこと―それこそが正真正銘の弁神論であり、
歴史のなかに神の存在することを証明する事実です。
理性的な洞察力だけが、聖霊と世界史の現実とを和解させうるし、
日々の歴史的事実が神なしにはおこりえないということ、のみならず、
歴史的事実がその本質からして神みずからの作品であることを認識するのです。


「歴史哲学講義」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/316-461ed763