FC2ブログ
2008.05.18 智者大師
天台智は、日本の仏教にも多大な影響を与えた高僧であります。

中国天台宗の実質的な開祖で、
智者大師という尊号を賜るほどの天才でありました。

南岳の慧思に師事、その後は天台山で修行し、天台教学を確立します。

彼の撰述には、
「法華玄義」、「法華文句」、「摩訶止観」、の天台三大部の講義や、
「観音玄義」、「観音義疏」、「金光明玄義」、「金光明文句」、「観経疏」、
の天台五小部の著述などがあります。

彼は、39才の時に、
釈迦如来より霊示を受けて、一念三千の思想を確立します。

その思想は、

「人の心の針は、その都度様々な方向を示し、無数の想念を発している。
その心の状態によって、人は、地獄的にもなり天国的にもなる。
その様相は、下は地獄界から、上は如来界まで、無数に分類される。
死後に行くことになる世界は、今の心の状態がそのまま現れる世界である。
ゆえに、人々は、日々止観をして、その心を正していかなければいけない。
心の法則を知ることが、悟りに至る道である。」

というものでした。

彼の、『涅槃経』と『法華経』を重要視した「五時八教」という経典の分類法は、
最澄、日蓮もこれを採用しています。


智は、直接、釈尊から霊指導を受けた如来であったのです。


それ一心に十法界を具す。一法界にまた十法界を具して、百法界なり。
一界に三十種の世間を具し、百法界はすなわち三千種の世間を具し、
この三千は一念の心に在り。
もし心なくばやみなん、けににも心あればすなわち三千を具す。
また、一心は前に在り一切の法は後に在りといわず。
また、一切の法は前に在り一心は後に在りといわず。
たとえば八相が物を遷すがごとし。
物が相の前に在らば物は遷されず、相が物の前に在らばまた遷されず。
前もまた不可なり、後もまた不可なり。
ただ物に相の遷るを論じ、ただ相の遷るを物に論ずるなり。
いまの心もまたかくのごとし、もし一心より一切の法を生ぜば、
これすなわちこれ縦なり、もし心が一時に一切の法を含まば、これすなわちこれ横なり。
縦もまた不可なり、横もまた不可なり。
ただ、心はこれ一切の法、一切の法はこれ心なるなり。
故に縦にあらず横にあらず、一にあらず異にあらず、
玄妙深絶にして識の識るところにあらず、言の言うところにあらず。
ゆえに称して不可思議の境となす。


「摩訶止観」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/324-01819e95