FC2ブログ
2008.05.25 反骨の新聞人
超宗派の宗教新聞、「中外日報」の創刊者である真渓涙骨氏は、
明治、大正、昭和をまたにかけて活躍したジャーナリストです。

彼は、宗教界全般に絶大な影響力を持っていました。
大変、交際の幅が広く、
大本教の出口王仁三郎氏とも友好関係にあったほどです。

彼自身も、仏門に入門していましたが、
終生、仏教の覚醒と、宗教界の革新のために尽力した宗教者でもありました。

彼の力強い言葉を紹介します。




人生の要諦は自己反省にある。自己反省とは徹底的な自己発見だ。
深夜独り自己反省に耽る瞬間を持つものは、大悟の人生に触れる。

今を生活する、今を呼吸する、今を行楽する、一瞬の今、永遠の今、
今を外にして全生涯はあり得ない。

土から生れて土に還る肉の人間と、天から生れて天に還る霊の人間とがある。
その二にして不二の一体が永遠の歴史を造って行くのだ。

汝は正しく人間なり。果たして自ら天地の眼なりと信じ得るや。
果たして自ら宇宙の魂なりと悟り得るや。
この自信この自覚なくして人間は終に何処へ往かんとするか。

神の愛は隣人の愛を通して我等に交流し、
隣人の愛は神の愛を招いて我等に転入する。
神と我、我と隣人、常に三位一体の関係にあるが如し。

不可能を可能とする、それが即ち、人間の上に神力の加わった現象だ。
神の照覧にかなわねば可能すら悉く不可能となる、
恐るべくいましむべし。

宗派の垣を除け、教団の塀を崩せよ、異教徒と手を握れ!
異信者と交わりを結べ!各地各様形式にこだわらず、
魂と魂の融合に直結せよ!





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/350-8162e6d3