FC2ブログ
ニューエイジ界は、
しきりに2012年ごろに、アセンションが起きるだろうと警告しています。

アセンションにもいろんな説があって、
地球まるごと五次元に次元上昇して、
人間の肉体生活は終焉する、というものまであります。

愚僧が考えるアセンションとは、
現代の状況から考えてみますと、
唯物論者と霊的世界を信じる人達の戦いに決着がつき、
霊性文明がはっきりとスタートするのが、2012年ごろではないかと思っています。

霊的世界を信じる人の割合がある一定の臨界点を超えると、
一気にパラダイムシフトがおこり、その後は常識となるのです。

これは、大きな意味では、宗教と科学の融合でもあります。

すでに昔から霊天上界において計画されてきたことであり、
スピリチュアリズムやニューエイジの勃興が、まさにこのことを物語っています。

現在は、ちょうど新たな文明が始まる前の胎動期なのです。

こうした状況を適確に説明している文章です。


全世界はニューエイジの光に浴し、おおわれ、洗われているように見える。
今日の重要な文化的社会的現象はすべてある程度この事実を認識させるものである。
新しいエネルギーを利用する新しいグループは各々、
まったく新しい思想形態をもっている。
古い思想形態と文化的偏見はすべてかなりのスピードをもつ速さで一掃されつつあり、
その結果、世界は一時的に混乱するかもしれない。
こうした出来事は破壊的で、暴力的でさえありうるが、
その各々が新しいものが起こるためには、
古いものは消え去らなければならないという基本的な原則を反映している。
こうした「新しいエネルギー」の意味と原因を充分に認識し、理解する能力がなければ、
混沌や混乱を巻き起こしてしまう。
何千万人の人々は、世界を取り囲み満たしているすべてのバイブレーションの場が、
急激な変化を経験する過程にあることを見ており、また感じている。
こうした変化は今まで慣れ親しんできた古い思想形態を根こそぎにするので、
それに反抗する人々に強い不快感や恐怖感や精神的な葛藤を巻き起こす。
しかし同じ変化でも、新しいエネルギーを受容する人々にとっては、
圧倒的な調和と平和の感じを与えるのだ。
世界の両極化と分散、その衝突と分裂は、それが宗教的、政治的、経済的、
社会学的、または個人的なもののいずれであろうとも、
ひとつの原因、すなわち、新しいエネルギーであると見られている。
それは地球がこれまで一度も経験したことのないもろもろの新しいエネルギーである。


「フィンドホーンの魔法」ポール・ホーケン




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/353-bb1b1191