FC2ブログ
国民の宗教観調査に関するニュースです。

この調査結果をみる限り、
特定の宗教団体を信じる人は減少ぎみですが、
神秘を肯定する人は約6割、魂の存在を認める人は5割以上にも達しています。
日本も、ニューエイジ的傾向を示しはじめました。
もはや唯物論者は少数派です。僧侶はどちら側に属するべきなのでしょうか?




宗教「信じない」7割、「魂は生まれ変わる」3割…読売調査

5月29日23時41分配信 読売新聞

読売新聞社が17、18日に実施した年間連続調査「日本人」で、
何かの宗教を信じている人は26%にとどまり、
信じていない人が72%に上ることがわかった。

ただ、宗派などを特定しない幅広い意識としての宗教心について聞いたところ、
「日本人は宗教心が薄い」と思う人が45%、
薄いとは思わない人が49%と見方が大きく割れた。

また、先祖を敬う気持ちを持っている人は94%に達し、
「自然の中に人間の力を超えた何かを感じることがある」
という人も56%と多数を占めた。

多くの日本人は、特定の宗派からは距離を置くものの、
人知を超えた何ものかに対する敬虔さを大切に考える傾向が強いようだ。

調査は「宗教観」をテーマに面接方式で実施した。

死んだ人の魂については、「生まれ変わる」が30%で最も多く、
「別の世界に行く」24%、「消滅する」18%-がこれに続いた。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/357-f5512e38