FC2ブログ
仏教は霊を認めないというのは、全くの誤解です。
その様なことを言い出せば、輪廻も、地獄界天上界も成り立ちません。

お釈迦さまは、常見を否定し、
無常、無我を説いたといっても、
死ねば終りという断見、
死んでも生前の肉体感覚がそのまま存続するという常見、におちいることを避け、
その両極端を廃し中道に入りなさいと説かれたにすぎません。

また、我なるものが無いのではなく、我なるものという執着を離れるための無我であり、
この世の物質存在は、全て移り変わるのものであるという意味での無常でした。

後世の仏教学者が、竜樹の空思想の霊的側面を理解せず、
空であるから実体的な霊魂など無い、という説をとなえ、
それが定着してしまいました。

お釈迦様は、霊的存在をはっきりと説かれています。
尚、このvinnanaは、識とも訳され、ある場合には、魂とも訳されます。

アーナンダよ、魂(vinnana)が母胎にはいらなかったとするならば、
はたして名色(名称と肉体の集合体)は、母胎の中で育つでしょうか。
アーナンダよ実にこの名色が魂とともに互いに縁起する限り、
その限りにおいて生まれたり、老いたり、死んだり、没したり、再生したりし、
その限りにおいて名称の路があり、語源の路があり、
説明の路があり、慧の領域があり、この状態を説明するために輪廻が起こるのです。
アーナンダよ、七つの魂の住処があります。
その七つとは何か。
アーナンダよ、種々の身体の、種々の相のある、生きとしいけるものたちがおります。
たとえば、人間、ある諸天、そしてある悪処に堕したものたちです。
これが第一の魂の住処です。


パーリ語原始仏典 長部第15経「大因縁経」

また、このようにも説かれています。

ところで、比丘たちよ、三者の和合によって、受胎が起こります。
ここに、母と父との交合がある、しかし母に月経(受胎可能)がない、
またガンダッパ(霊魂)が現れていない、この場合、けっして受胎は起こりません。
ここに、母と父との交合がある、また、母に月経がある、
しかしガンダッパ(霊魂)が現れていない、この場合、けっして受胎は起こりません。
しかし、比丘たちよ、母と父との交合がある、また母に月経がある、
またガンダッパ(霊魂)が現れている、
このように三者の和合があれば、受胎が起こります。


パーリ語原始仏典 中部第38経「大愛尽教」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/38-7c1011ec