FC2ブログ
2008.06.09 僧侶の覚醒
僧侶は、宗教の専門家であることに自信と誇りを取り戻すべきです。

近代に入ってからの日本の仏教僧は、
すっかり自信を無くし、社会的な地位や影響力も失ってしまいました。

最近の僧侶には、世間に迎合した日和見的な発言が目立ちます。
僧侶は宗教家なのであって、学者ではないのです。

僧侶にしか出来ない仕事があるはずです。

科学的次元を超えた霊性や、死後の世界について教えること、

神や愛について積極的に語ること、

人生の目的や意味を示し、人々に生きていく方向性を与えること、

輪廻転生や霊的進化、あの世の法則を探求すること、

天上界の諸菩薩や諸如来の実在を知らせること、


これらは、宗教家の仕事です。

しかし、霊的な事柄について説くのには、
それなりの覚悟が必要ですし、責任もともないます。

何故なら、
誤って、神の理法、宇宙の法則、仏法真理に背いたことを説いて、
人々を惑わし、魂を誤った方向に導いてしまった場合には、
そのカルマを背負うこととなり、
その人々が救われるまでは、本人も救われません。

ある意味では、
魂を汚染させることは、肉体生命を奪うことよりも罪が重いのです。

宗教家の仕事とは、それほど大切で、重要なのです。


また愚僧自らにも出来ないことを書いてしまいました。

精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/385-6aadd272