FC2ブログ
2008.06.11 阿羅漢の境地
現代の仏陀が、仏道修行者の目指すべき阿羅漢について説かれています。
まれなることであります。




一般的な阿羅漢の基準としては、心に引っ掛かりがなく、透明感が増すこと、
そして第二に霊道が開けるか、あるいはそれに近い状態になること、
三番目に、他人の気持ちが手にとるようにわかり始めること、
この三つの基準をあげることができるでしょう。
ただ、霊道が開けて、本人は阿羅漢だと思っていても、
じつは、地獄の悪霊に支配されている人もよくいますから、
これはよくよく注意しなければなりません。
増上慢にならないということです。
どうしても、霊的能力を持ちたがる人、あるいは持った人というのは、
うぬぼれの気持ちが出てきます。
そのうぬぼれの気持ちのところに魔が忍び込み、
本人を転落させるように誘惑する事になるのです。
これがいちばん危険な現象です。
ですから、阿羅漢の状態に近づいたと思ったら、
みずからを謙虚に考える必要があります。
こうしてはじめて、真実の阿羅漢となれるのです。
単に霊の声が聞こえたといっても、阿羅漢とは言えません。
その人が増上慢で、心が高ぶり、揺れているときに、阿羅漢ということはありません。
阿羅漢の状態になれば、心は不動心であって揺れず、そして透明感があります。
いつも心が揺れないで、安らいでいる状態でなければならないのです。
では、この阿羅漢という境地は何のために必要なのかと考えてみるときに、
やはりこれは、菩薩への登竜門であるという考え方を抜きに、
語る事はできないと思います。
阿羅漢は、まさしく菩薩への登竜門であり、菩薩の卵たちの修行の心境です。
この阿羅漢の境地で、数多くの人が、天上界でも地上界でも修行しているのです。
菩薩というのは、これは、プロの光の天使と言ってもよい境涯です。
愛他、利他の実践行に励んでいる人たちが、その境地にあります。
この菩薩の世界に入っていく前の関門として、阿羅漢があるのです。
そうして、阿羅漢が真の菩薩になってゆくためには、
阿羅漢の心境を長く続けてゆく必要があります。
一生を通じて阿羅漢であるという心境を全うする事ができれば、
その方は、まちがいなく菩薩の境涯に上がっていくこととなるのです。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/390-bc6a8340