FC2ブログ
2008.06.14 光は東方から
仏陀と同時代に、しかも同じ国に生まれてくる、ということは奇跡的なことです。

昔の僧侶は、求法の為に命を賭けて天竺を目指しました。

その教えを書きとめるために、生皮をはいでも惜しくないと言った者もいました。

流通や情報網が発達した現代では、誰でも手軽に、その法を聞くことができます。

年々、リアルタイムでお経が作られているのです。

原語で聞けるために、細かいニュアンスまで理解できます。

漢文の読解に苦労することも、誤った翻訳によって誤読することもありません。

その教えには、誤解の余地が全くないのです。

ストレートに、胸に入ってくる仏陀の言葉は、単純で明快です。

2600年前に起きた以上のことが現代には起きているのです。

世界中で、この事実に気づいた人が、増え続けています。

光は東方から昇っています。

そして、すべての希望がここにあります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/398-25823620