FC2ブログ
2008.06.17 偶然か必然か
現代の仏教者は、人類の起源については、
縁起によって生じたなどと誤魔化してはっきり言及しませんが、
恐らく、大半がダーウィンの進化論を支持するのではないでしょうか。

しかし、この姿勢は、縁起の法則に背くものなのです。

近年、ダーウィンの進化論は、
唯物論哲学の上に科学を位置づけただけであって、
その成功は、科学的証明によるものではなく、
思想闘争の勝利によるものであった、と言われはじめています。

すなわち、それは科学のふりをした唯物論哲学なのです。

ダーウィニズムを支持する仏教者は、
進化は導かれたものではなく、
私達は偶然の産物だと言っているのに等しいのです。




人間の体は自然の一部であるという認識は、
ダーウィンのはるか以前から存在していた。
それは、十三世紀のカトリック神学者であり、
哲学者であったトマス・アクィナスによって肯定され、
感情的反応でも人間と動物は共通だと彼は言っている。
そして十八世紀の創造論者であり、
植物分類の現代の方法を創案したカロルス・リンネは、
人間を類人猿やサルと同じ目に分類した。
もちろん、アクィナスによって代表される伝統的思想は、
人間は動物でもあるが霊的な存在でもあると主張する。
ダーウィンが、人間は動物以上のものではないと主張したとき、
彼はこの伝統から逸脱したことになる。
しかしそれでもダーウィンは、何ら新しいことを言っていたのではない。
古代ギリシャ以来の唯物論哲学者たちも同じことを言ってきたのである。
ダーウインの新しい寄与は、変化を伴う血統的下降によって、
以前には霊的なものとされていた部分を含めて人間の本性のすべてが説明される、
と主張するところにあった。
そうすることで彼は唯物論哲学に、科学的な支持らしきものを与えた。


ジョナサン・ウェルズ「進化のイコン」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/407-90b1eb83