FC2ブログ
2008.06.18 愛の法則
仏教でいう慈悲とは、与える愛のことです。

与える愛を実践する人が増えるだけでも、地上は天国へと変わっていきます。

地球を覆う怒り、憎しみ、恨み、エゴイズムの暗い雲が、
愛の行為という小さな光によって、少しづつ晴らされて、明るくなっていくのです。


愛の法則では、
見返りを求めずに与え続けることによって、
逆に与えられて、その人は豊かになります。

それは、
神は、あらゆる存在を愛し、繁栄することを願っていて、
人間に宿る内なる神が、その神の思いと同調するからなのです。

私達は、愛の実践を通じて、
自己を成長・進化させ、幸福になるために、この世に生まれてきました。
私達には、地上で幸福になる権利と義務があるのです。

人間の本質は霊的な存在であるため、お金や物だけでは幸福にはなれません。

魂が持って帰れる財産は、
愛を学んで得た経験や、自らが行った良い選択の結果だけなのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/410-246d2a16