FC2ブログ
2008.06.21 違いを超えて
宗教が、争いや分裂の原因を生んでいるのならば、
宗教によってこそ、それらは解消されていかなければなりません。

宗教は本来、素晴らしいものです。

既存宗教は、形骸化しセクト化してしまい、本来の輝きを失ってしまいました。
ニューエイジやスピリチュアルの勃興が、それを証明しています。

もはや、宗教や宗派の違いにこだわっている時代ではありません。


生前、世界最大のニューソート団体である生長の家を率いて、
万教帰一を唱え続けた、谷口雅春氏の言葉です。




すべていろいろの宗教が、分かれて、宗派別のようになっているのは、
それは、その時代の背景、その宗教が発生した民族、人種、
あるいは、その住民の理解の程度、常識の程度というものが背景となり、
当時のその地の人々に解り易いように、
教祖は説かなければならなかったのであります。
だから、およそ宗教はその発生した土地とか時代とかによって、
説き方が変っているのです。説き方や比喩の立て方が変っているけれども、
人類の魂を救う真理の根本は同じなのです。
そこに万教帰一の所以があるのであります。
『人間の生命』は佛教的にいえば『如来の生命』である。
キリスト教的にいうならば、神の生命がここに分かれて宿っているんだから、
『神の子』であるということなんであります。
古神道によれば、すべての人間は皆、日子(ひこ)であり、
日女(ひめ)であり命(みこと)である。
換言すれば天照大御神の御子であります。
それが、あらゆる宗教の共通の真理であるわけなんであります。


「真佛教の把握」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/424-bdb36ed7