FC2ブログ
2008.06.21 学問と修行
仏道修行と、
仏教を字づらで捉える学問は全く別物です。

文献学者や言語学者に、仏教が理解できるはずもありません。

学者は、
自分の脳髄で把握できないものは何もないとばかりに、
仏典を読み、分析し、分類し、解釈します。

僧侶は、
およそ、この世には常識を超えた世界が存在することを認め、
仏典の真意を掴みとり、大宇宙の神秘に随順して、
その神法より智慧を授かるのです。

しかし、明治以降、西洋流の唯物論の興隆とともに、
神通や加持祈祷、霊能力、悟性、鎮魂行法等は蔑まれるようになり、
次第に僧侶自身も、仏教を学問や哲学の一種として修めるようになります。

近年においては、仏教界から人物が輩出されていないのはそのためです。


現代の僧侶のなかにも、真の行者は少なからず存在します。

しかし、
仏教者の多くが、唯物論者のごとくになっている現状は、憂うべきことです。

宗教の敵は、宗教にあり。
ボトルネックは、獅子身中の虫なのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/425-863ce73b