FC2ブログ
2008.06.23 世界の起源
お釈迦さまは、世界創造の秘密、宇宙の起源を把握していました。

よく言われる、「仏教は創造神を認めない」という説は誤りであって、
お釈迦さまは、
世界の諸宗教が説く「神」に相当する梵天による世界創造を認めています。

さらに、宇宙や生命の発生を偶然に帰するような考え方も否定されました。

しかし、より本質的なる世界創造の秘密は、理解しがたいことであるために、
言及しないということをもって、それ以上のことを伝えようとされたのです。




釈尊
「ヴァガヴァさん、世界の起源について偶然に生じたのである、
と師匠が伝えるように唱える一群の修行者・バラモンがいます。

かれらに会ってこのようにいいました。

『みなさん、あなたがたが、世界の起源について、偶然に生じたのである、
と師匠が伝えるように唱えているというのはほんとうですか?』と。

わたしに質問されて、かれらは、『そのとおり。』と答えました。

わたしはかれらにこのようにいいました。


『どうして、あなたがたが、世界の起源について、偶然に生じたのである、
と師匠が伝えるように唱えると、定められているのでしょう?』と。

わたしに問われて、かれらは返答に窮しました。
答えられずに、かえってかれらがわたしに答えを求めました。
かれらが聞くのでわたしは説明しました。

『みなさん、アサンニヤサッタという名の神々がいます。
ところが、意識が生じてその神々は、神界から落ちます。
みなさん、そのなかのあるものが、その世界から落ちて、
この地上にやって来るということがあります。
この地上にやって来たものが、在家から出家生活に入ります。
在家から出家生活に入ったものは、熱心に、勤勉に専心して、
怠ることなく、正しく思考することによって、精神統一を達成し、
その精神統一の際に前世の住処を思い出すのですが、
そのさらに前のことまでは思い出せません。
そういう人が、このようにいうのです。
〈自分も世界も偶然に生じたものである。それはなぜか?
わたしは過去には存在しなかった。存在しなかったそのわたしが、
いま、存在するものとなった〉と。
ですから、みなさん、世界の起源について、このように、偶然に生じたのである、
と師匠が伝えるようにあなたがたも唱えるようになっているのです。』と。

かれらは、このようにいいました。

『ゴータマさん、このように関きますと、ゴータマさんがおっしゃるとうりです。』と。


バッガヴァさん、わたしは、世界の起源を知っています。
それを知っているばかりでなく、さらにそれ以上のことを知っています。
それでいて、その知識に言及することはありません。
言及することがないため、わたしひとりだけが平安の楽しみを知っていたわけです。
それを了解しているので、完き人は過ちに陥いることはありません。」


パーリ原始仏典長部第24経「パーティカ経」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/432-d5cb87af