FC2ブログ
2008.06.26 神聖な不満
僧侶は、智恵の眼で、
時代の流れを正確に見極める必要があります。

これは、単なる中世がえりではないのです。
科学と宗教が統合した高度な霊性文明の夜明けです。

全霊界の総力をあげての地球規模の仏国土建設運動がはじまっているのです。

同じ計画を司っている高級霊からの、アメリカ西海岸のチャネリングメッセージです。




宗教団体の一部には、
他の宗教者グループとスピリチュアルな哲学や概念について話し合い、
自分たちの見解とは相反するような考えを持った人たちでも、
非難したり揶揄したりしないという流れがあることを、私たちは喜んでいます。
以前は頑なに自分の考えを曲げようとはしなかった、
スピリチュアルなリーダーの心の中に、寛容の精神が忍び込んでいます。
ドグマや迷信の境界線が崩れ落ちて、
新しく、より広い視野が受け入れられるようになっています。


スピリチュアルな目覚めは、
もはや少数の人びとだけの関心事ではありません。
人類全体が動き出しており、内なる「神聖な不満」は非常な高みに達して、
もはや無視することは不可能です。
それはあらゆる場所において明白です。
新しいパラダイムを怖れ、抵抗している人びとですら、
天使・超常現象・死後の世界、幽体離脱などの情報に抗しがたい魅力を感じています。
哲学であれ、宗教であれ、信念体系であれ、
登場したばかりの時には、急進的で極端で、
世間をあっと言わせるようなものとして考えられますが、
やがて徐々に落ち着いてきて、
それが感じの良いものとして受け入れられ、当たり前のことになります。

ロナ・ハーマン「黄金の約束」



クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/445-3bc4104c