FC2ブログ
2008.07.01 宗教の力
宗教には、力があります。

宗教は、単なる教義や、建築物や組織のことではありません。

宗教は、今、ここに働く、現実的なる神の愛の顕れなのです。

宗教は、先端科学よりも深遠な真実を教えます。

心を扱う学問に数字は通用しません。

また、愛は数字では表せません。

善・正義・勇気・慈悲などの最も大切な徳目は、みな目に見えないものです。

霊界や魂の存在も、数学的証明にはなじみません。

夢の世界を考えれば、
それを証明しようということがいかに困難なことであるかが分かります。

しかし、近年、精神も波動であることが解ってきました。

この波動が謎を解く鍵になりそうです。

宗教は誤解されてきましたが、
これからは、宗教と科学の逆転現象が起きてくるでしょう。

それが、本来の姿なのです。

中世には、世界は神の創造の産物であると、
実際上すべての人が信じていたのです。

神に不可能は無い故に、信仰や祈りの力は絶大なのです。

だから、宗教には、現実や人間を根本から変える力があるのです。

仏教は信仰無き宗教、神秘無き宗教である」と喧伝する勢力には注意が必要です。

それは、形を変えた唯物論者、無神論者が生き残ろうとしている姿なのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/465-cc6932ca