FC2ブログ
2008.07.01 法と神
仏教は、断じて無神論宗教ではありません。
このことをおさえておかないと、全てが逆に見えてきます。
これは、ものすごく重要なことなのです。

「神は存在しない」というそんな傲慢な宗教を釈尊が説くはずもありません。

仏教では、
他宗教の言う「神」はもちろん、究極の神が、「法」というかたちで説かれているのです。




カニシカ王、悠然として尋ねて言う、

「尊者よ、願くは我がために説け。
我等が仏陀を崇敬礼拝するは、その人格にあるか、またはその神格にあるか。」

馬鳴尊者言う、

「仏陀は人にあらず、神にあらず、神人を超越す、
何となれば仏陀は万徳具足円満の相なればなり。
我等が仏陀を尊崇するは、その智慧にあり、その徳相にあり、
真諦を徹見する般若力と、これを俗諦の上に活動せしむる慈悲の本願力とにあり。
真諦は古今を通じて不変なり、平等なり、
俗諦の世界のみ時時に生死す、神人といえども、これをまぬかるを得ず。」

チャラカ、遮りて言う、

「我等がいう所の神とは、諸天をいうにあらず、一神の本体を直ちに指せるなり。
あえて問う、仏陀はこの点について、如何なる垂教あるべきか。」

カニシカ王、これを補いて言う、

「我等の神とは、梵天の如き唯有の体をいうにあらず、
又、自在天の如き、個人的天地の主宰及び創造者を言うにあらず。
我等は慈悲・智慧・功徳・正義の源泉を以て神となす。
尊者はこの如きものの存在を説き給うか、はたこれを以て夢幻泡影となし給うか。
もし実在なりとせんに、我等は如何にしてそれを知り得るか。」

馬鳴言う、

「この如きは、一朝一夕の説話のつくす所にあらず、
されど略してこれを言うに、この如き本源は確かに実在なり。
この実在は万有の上に如来の善法として現前し、
一切の有情を一歩一歩進めて大覚の境に到らしむ。
この善法を領得する者は正道に入る、
我等はこの法の本体を名づけて法身仏となす、大日如来となす、無量光となす。 
一切法の儀表となり、一切の善を進め、一切の悪を挫く、
皆、因果応報の理にしたがわずということなし。」


ポール・ケーラス「無量光」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/467-26f8dd75