FC2ブログ
2008.03.27 チベット
チベット問題を知るにつけ、心が痛みます。

同じ僧侶として、何も出来ない自分が悲しいです。

また、命を捨てる覚悟で、祖国の為に抗議する僧侶の姿を見ると、

自分に同じようなことが出来るだろうか?と思ってしまいます。

言論を統制し、人権を蹂躙し、信教の自由を認めないような国は間違っています。

宗教や神を否定する、唯物論、共産主義は、人類にとっての共通の敵です。

一刻も早い、チベットの独立と自由並びに、

平和裏な中国の民主主義体制への移行を祈ります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/47-b7141478