FC2ブログ
2008.07.03 自覚なき僧侶
愚僧は、たとえ同じ僧侶であっても、
無神論者、唯物論者を容認することは出来ません。

現代の僧侶の多くは、合理主義者を装っています。

おかけで、日本は極めて宗教に対して無知な民族となってしまいました。

僧侶が、きちんと霊的世界や神秘を説かないからです。

これは、仏教僧が世俗に阿った結果なのです。

戦後の公職追放令では、
有神論者である保守系知識人の20万人(!)が、要職を首になったということです。

一方、国家権力の中枢にはびこったのは、
コミンテルンの息のかかった無神論者の左翼知識人でありました。

それらが勝手に仏教を歪めた罪は重すぎます。

僧侶は自覚的なのか、無自覚なのか、どちらなのでしょうか?




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/471-bb54d47a