FC2ブログ
2008.07.10 僧侶の役割
現代社会において、僧侶は無力です。

昔の僧侶は、シャーマンとして、知識人教養人として尊敬されていました。

今では、職業の細分化専門化が進み、
僧侶の担うべき仕事は、儀礼の執行ぐらいしかありません。

立場を失った僧侶が、自暴自棄になり事件をおこし、
新聞の紙面を賑わすことも珍しくはありません。


僧侶は、せめて人々の幸福の為に生きましょう。

地球が愛の星となるように祈願しましょう。

人々の魂を救いましょう。

神仏の存在ぐらいは、信じましょう。

暗い思想を説いて、日本の繁栄と発展の邪魔をしないようにしましょう。


僧侶は、この世を超えた価値基準で生きる存在であるべきです。

私利私欲ではなく、崇高なものにいのちを捧げる存在がいる、
というだけで、社会に潤いを与える役割を果たすのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/490-0a975632